2019年2月25日月曜日

ほんとなのか?!

ロシア国防省:日本は地震を偽装した核実験を止めよ

米国の海中核実験

ロシア国防省で各国の核実験の監査に当たっているイゴーリ・トカレフ大佐が、最近ロシアのメディアで爆弾発言をしたらしい。

彼は「東アジアの地震の多い某国は数十年にわたり、地震を偽装した地下核実験を繰り返している」と発言したというのだ(記 事)。

トカレフ大佐は名指しこそしていないものの、東アジアの地震多発国と言えば日本であることはすぐにわかる。

彼は続けて「気づかれていないとおもったら大間違いだ。ロシアはすでに証拠を握っている。おそらく他の国も気づいている」と指摘した。

彼によれば、大気圏内核実験は禁止されているが、禁止条約を潜り抜けるために地震を偽装した地下核実験が実施されているという(記 事)。

また、核実験と気づかれないように偽装する手段は洗練されているものの、データを分析すれば核実験と特定することができるとのこと。

恐ろしい話だが、もしかして日本で発生しているのは人工地震というより、地震を偽装した新型核兵器の実験と販促展示会なのカネ。


野崎晃市(43)

2019年2月21日木曜日

「子供や妊婦は福島に行かないで」

国連の特別報告者、福島原発事故の対対に激怒!日本に勧告!

*国連人権理事会
10月25日に行われた国連総会で、国連人権理事会が福島原発事故における日本政府の対応を強く批判しました。
国連人権理事会の特別報告者は総会で「去年、人権理事会が勧告した1ミリシーベルト以下という基準を考慮していない」と述べ、日本政府の避難解除は安全性が確保されていないと指摘。
そして、上記の発言に続けて、平常時の年間の被ばく量が1ミリシーベルト以下にならなければ、子どもたちや出産年齢にある女性の帰還は見合わせるべきだと日本政府に強く要請しました。
日本政府はこのような国連側の指摘に対して、「この基準は専門家で作るICRP(国際放射線防護委員会)が2007年に出した勧告をもとにしており、避難指示の解除にあたっては国内の専門家と協議して適切に行っている」「こうした報告が風評被害などの否定的な影響をもたらすことを懸念する」などと反論するも、トゥンジャク特別報告者が「同じ専門家の勧告で平常時は年間の被ばく量は1ミリシーベルト以下に設定されている」と論破しています。
東京オリンピックに合わせて福島原発事故の避難区域は続々と解除されていますが、その実態は危険な放射能汚染を放置したまま都合の良い基準値で自己解釈をして、地域住民の安全を無視して解除しているだけだと言えるでしょう。

国連人権理事会が任命した特別報告者が、25日の国連総会で、福島の原発事故を受けた日本政府の避難解除の基準ではリスクがあるとして、子どもたちの帰還を見合わせるよう求めました。これに対して、日本側は、国際的な専門家団体の勧告に基づいていると反論し、日本側との立場の違いが浮き彫りになりました。

2019年2月16日土曜日

動きましょうか♪

 私たちは来世に何かをゆだねるなど許される状況ではありません。来世のことを語る時間があるのならまずは今を生きることです。私たちは自分たちの問題を自分たちで解決せねばならず、そこに先送りなどという観念は存在しません。過去や未来を見る人間の言葉は非常に心地よく聞こえますが、それが悪魔のささやきであることに人間が気付くことはまずありません。今ここにあなたがいないのであればあなたが変えたいものが手に入るチャンスもまたありません。

スピリチュアルなどという世界を望んだりそれを自称する人々は、みな人に許しを与えるかのように述べますが、自分の矛盾と愚かさを指摘されたときにすぐに逆ギレします。それがスピリチュアルなどと呼ばれるものの真の姿であり、それはあなたが変化しこの世界を変えようとすることを強力に阻害します。しかしそれを信じていることで自分が変わり、この世界を変えているかのように思い込めるところに、それらが述べるところの重要な問題があるのです。
世界から武器をなくすことを思い浮かべても実際に武器はなくなりません。世界からドラッグをなくすことを思い浮かべても実際にドラッグはなくなりません。世界から差別をなくすことを思い浮かべても実際に差別はなくなりません。世界から貧困をなくすことを思い浮かべても実際に貧困はなくなりません。世界に幸せをもたらすことことを思い浮かべても実際に幸せは訪れていないのです。私たちに必要なのはどうとでもなるような思いや愛や癒しや知識などではなく、意志であり行動です。いったいどこに世界を変えるための行動をしている人間がいるのか、それが問われているのです。

その覚悟がありますか!?








2019年1月4日金曜日

たかが水、されど水

今回は、良い水の簡単な見分け方と
ミネラルを効果的に摂取する水の飲み方についてです

水の選択については、特定の水を勧めるつもりはありません

良い水はいろいろありますし、
個人の好みや生活環境や経済状況も人によって異なります
また、毎日飲むものですから、入手のしやすさも大事だからです

そこで、このレベルをクリアして入れば良いという簡単な目安と
自分に合った水の見つけ方をお伝えします

まず、自分に合った水を見つけるには、
良さそうだと思った水をしばらく飲んでみることです

この時注意するのは
毎日1.5Lから2Lきちんと飲み続けること

起床時、食間、休憩時、入浴前後、運動の前後、就寝前です
これで一日コップ6~8杯になります

どんなに良い水でも、十分な量を飲まないとその効果はわかりません
きちんと量を飲めば
1週間からひと月もすれば体調の変化がわかるでしょう

次に良い水かどうかの見分け方です

良い水は体に吸収されます
吸収が早い水は、胃にたまりません
カラダの細胞に早く吸収されていきます
そして、体は水が吸収された分、
古い水分を腎臓から排出します
オシッコです
新しい水分が入った分、押し出しされるイメージですね
(飲んだ水が、そのままオシッコになるわけではありません)

なので、よい水を飲んだ後はすぐにオシッコが出てきます
吸収の早いものなら数分で排尿が起きます
富士山麓のある湧き水を飲んだ時は、
飲んですぐ5分足らずで大量の排尿を繰り返す
といった経験をしたことがあります

まあまあ、良い水なら飲んで30分から数十分後には排尿が起きます
たいていのアルカリイオン水やパイウォーターなどの整水器など
「健康に良い」と言われる水なら、このレベルをクリアしているでしょう

飲んでおなかがタプタプする水はダメです
水道水がそうです

飲んだ後にどれだけ早くオシッコが出てくるか
これが良い水の簡単な見分け方です

ミネラルをサプリから摂るときも
「良い水を多く飲むこと」が基本となります
“ミネラル・サプリの効果を実感できない!”
という人は水を十分に摂取していない場合が多いです

ミネラルは水(とタンパク質のキャリア)を介して体に運ばれます
“ミネラルを体の隅々に行きわたらせ
効果的に働かせるには、充分な水分が必要”なのです!

ミネラル摂取と水分補給は、「車の両輪」といえます

そして、良い水にもいろいろな種類がありますから

・まずは飲み続けること
・いろいろな水を試してみること
・カラダの感覚で見分けること

が必要です
これはじつに、何年もの「効き水」の経験がいります

私もこれまで、いろいろな種類の水を飲んできました
また、健康に気を使わず
あまり水を飲まない時期もありました
水の種類や毎日の飲む量によって
体調がさまざまに変化することを体験しています

人と、「水」や「ミネラル」との付き合いは一生
どういった水やミネラルを選択するか
また、それを日々摂り続ける習慣をいかに身に着けるか
それが
健康や命にかかわってきます

たかが水、されど水ですね

~Thinkerより転載~

ミネラル

“ミネラルは生命活動に欠かせない”
不足すると、あらゆる病気や体調不良の原因になる
と言いました

ではどうやってミネラルを摂ればいいでしょう?

ミネラル摂取には
大きく分けて4つあります

①水
②塩
③食事
④サプリ

ミネラル摂取の基本は、水や塩や食事です

まず、水から話していきます

①水からのミネラル摂取
まず、塩素消毒されている水道水をそのまま飲むのは
避けたほうがよいでしょう

良い水の選択にはいろいろあります

●ミネラルウォーター

これは、産地によって含まれるミネラルの種類も量も様々です

ミネラル分の多い硬水なのか、ミネラル分の少ない軟水なのか
また含有ミネラルは、ケイ素なのか、マグネシウムなのか
はたまた、バナジウムなのか

美容・若返りなら、ケイ素入り
生活習慣病改善なら、マグネシウムの多いもの
同様に糖尿病改善ならバナジウムの入ったものなど
自分の目的に合ったミネラルウォーターを選ぶとよいでしょう

カルシウムの比率がマグネシウムより高いものは
結石や心筋梗塞などの副作用があり、
長期摂取はおすすめできません

●汲み水・湧き水

また、ペットボトルに入ったものと
汲みたての水では、効果・効能も違います
活きた水は、なんといっても汲みたての水です

これは水源の近くに住んでいないと難しいのですが
環境に恵まれている人であれば
湧き水を汲んで飲むことができるでしょう

私も車で1時間以上かけて、2年ほど湧き水を汲みにいき
飲み続けた時期があります
2か月分ほどポリタンクやペットボトルに
大量に汲んでくるのですが
2~3か月ほど汲み置きしたものでも水は腐りませんでした
湧き水の中のミネラルが静菌作用・抗菌効果を持つからです

沢水や湧き水を飲むときには注意点があります
水源地近くに産業廃棄物処理地など
汚染源がないか、事前に確認しておくとよいでしょう
できれば、水質検査の成分表示がある
水汲み場なら安心ですね

●次は浄水器・整水器を使った水です

水道水の塩素をさけるために
どんなものでもよいですから最低でも
塩素の除去できる浄水器をつけます

さらに水の質にこだわる人なら
還元水・電解水・アルカリイオン水と呼ばれる
水の性質を変えた水を飲む選択があります

水の性質を変えた「機能水」には
ほかにもパイウォーターや
電子水、超ミネラル水など
実に様々な種類の水やこれらを作るための整水器があります

うちでもシンプルな浄水器から始めて
高額な電子水の製造機やアルカリイオン整水器など
いろいろなものを試してきました

品質の良いアルカリイオン水を飲み続けた時期には
妻は「幸帽児」を産みました
破水せずに卵膜に包まれたまま、自然出産したのです
自然分娩で幸帽児が産まれる確率は8万人に1人とも言われます
汚れた羊水の妊婦さんが多いといわれるこの時代
奇跡に近いですね

幸帽児は、卵膜と羊水に包まれて生まれてくるので
外部のウイルス感染のリスクからも守られるし
非常に安定した出産でした

次に、まったく別の視点からの水選びも紹介します

現在供給されている水道水には
微量の放射能やナノサイズの微粒子のプラスチックビーズなど
未知の有害物質も含まれるため
これらを気にかける人は
「いかなる不純物も含まない純粋な水」を飲むという選択もあります

●蒸留水やRO(逆浸透膜)の純水
などですね

これらの水を作るにはそれぞれ専門の器材が必要です
蒸留水の製造機はさほど高くありません
純水の製造機は高額ですが
スーパーによっては、レジのところで
安く汲めるお店がありますから
お手軽に試すことができます

そして、蒸留水や純水からミネラルを摂る場合
これらの水に後から自分でミネラルを添加します

お好みの岩や石を入れても良いですし、
濃縮ミネラル水を数滴たらしたり
お気に入りのミネラル・サプリを溶かして飲んでもよいでしょう