2018年2月15日木曜日

昨年5月から始めた「子ども食堂」
やっと多少認知度が上がってきたようだ。が、物見遊山的な人が多くてあんぐりだ。
「健さん、ほんとにやってるの?!えらいねぇ~」
「貧困な人たちが来てるのよ」
こんなふうに思っている人の多い事多い事、ビックリだ。本当に貧困な方々はなかなかここまで来れないのが現状。もし本当に必要な方々が分かるならパック詰めしてお届けする。

 先日来、当子ども食堂へいらしてくれている方々の言葉の端端が身に沁みたのでここに書き留めておく。
「おかあさん、おなかいっぱいだぁ~」
「お腹いっぱいってのはね、幸せなんだよ~お腹へってると悲しくて寂しいんだから」

慣れてきたお子さんが、カウンターによじ登ろうとしていたら、いつも穏やかなお父さんがかなり厳しい口調で
「〇〇、そこはお前が乗る所ではない。みんなが大切に食事をするところなんだ。すぐ降りなさい」

お帰りの際、ご両親が子どもたちに
「ほら、健さんにご馳走様しなさい」
子ども達がそれぞれに、それぞれの想いを籠めて「ごちそうさまでした」をしてくれた。私はこれで充分やっている価値があると確信している。

前回も話したが、私の目標は
「みんなで始めてみましょうよ♫」
例えばこの佐野市で30軒毎日違うお店で無料提供出来たらどれだけの子育ての手助けになるのか。そしてこの市の人々全員が一日全くの無報酬で働いたなら、どれだけの生産性を生む物なのか。それを出来る事なら子どもたちの為に使って行こうよ。

もしこれを自治体ベースで、佐野市で出来たら栃木県で。栃木県で出来たら関東地方で。そして目標は日本全国で「一日無報酬」で、子どもたちの為に何かしてやろうではありませんか♪ 

これが今一番身近な目標♫

2018年2月2日金曜日

一番の笑顔♪

 Band新年会♫
今年も楽しいぞぉ~♪

まとめ買い♫

欲しいもの全部買いました!って感じですわな♪
この「酸」のうがいの効果にはビックリ!
日光のお母さんと私も一緒になった。「髪の毛が少なくなっちゃいました~」
いや実は、減ったのではなくサラッサラになったのだ。


ままたまの家♫

 毎回心身ともに素敵なおもてなしを全身に浴び、喜びに溢れる♪
 酵素の写真を撮りはぐるぐらい素敵なお食事なのだ!
これこそ走り回り精一杯の物を作り上げる「ご馳走」そのもののような気がする。
が、汗臭さとか一生懸命さとかの匂いがしない、天性のギフトがあるのだろう♪
 早食いのこの私が、ゆっくりと周りの方々とお話しながら味を噛みしめながら
食事を楽しめる類稀な事。
 例えば一例をあげると
里芋の煮つけ?下処理?下準備でタピオカ粉を付けて揚げてあるのだそうだ。
「よだれ鳥」の上には酵素ファイバーのタレが!何しろ旨いのよ♪
ほんとに心から休まる「ままたまの家」でした。

元気いっぱいな自分になって帰り、そのまま店で仕事が出来たのには
自分でもびっくり!


2017年12月18日月曜日

地味だけど、必要なんじゃね?!

 綺麗な石畳。
この石畳もいろいろありましたな~
選挙で勝った市長が、以前の市長がやった石畳を全て剥がす?!
的な事もありましたわ~

 これ、歩道と自転車道と車道とに分かれているんですよね。
この綺麗な石畳の継ぎ目が、自転車で走っても結構痛いのよ。そして私が一番感じた事は、「車椅子の人には厳し過ぎる!」って事。
私は母と、毎日の様に散歩していた。そんな母が、
「あんたさ、お尻が痛くって~」
「こんな年寄り、轢かないだろうからあっちがいいや」
母親は車道を指さしていた。

 それからもう一つ。
ほんとにバリヤフリーにつくって欲しい。
車椅子で、何回母親を前に落としそうになった事か。
何回目からは、私も慣れてその箇所を除けて通るようになっている。それでいいのか?!

2017年12月7日木曜日

みんな、お金で動くのかい?!

 損得でしか生きてないのか、この世の人間は?あなた方は、お金が出ないと何にもしないのか?逆に、お金が出れば何でもするのか?少なからず怒りを覚えるほど悲しかった。

 社会○○○議会から電話があった。
私がはじめた子ども食堂についてだ。始めたいきさつ等、私の存念を申し上げた。

「必要な子どもが分かるなら、私はパックに付めて持って行くわ!」とか、
「私の夢は、この小さな町で30軒が子ども食堂をはじめれば、毎日どこかでちゃんと食べられる。」
「期限切れ間近な物や、カップ麺、私が使う筈なかろうが。本当に身体にいいものを次の時代の担い手、子ども達に食べてもらおうって考えなのだ。」

そんな話の中、私は
「あなたも一日、無給で働いてみたら?」
「それはちょっと難しいですねぇ~」
この一言が私を久々にムッとさせた。一般の方々は皆こうなのか?
だから世の荒むのだ。なんで一日位無給で働けないのか逆に不思議に思った。
もし大借金抱えていても(俺か?)一日位許してくれるだろう。

そしてもっと面白い事に気づいてしまった。
例えばこの街の人全員が、例えばこの国の人全員が、一日無給で働いたらどうなるのか?超面白くないかい?!バカげた単純な事かも知れないが、私は興味がある。出来るところまでやってみたい。先ずは小さな店一件単位で増えて行ってくれればいいな♪そんな仲間づくりが楽しい今日この頃♪


2017年11月15日水曜日

臭うわな~

  市のとっても大切な一等地の財産を、足銀の土地建物と交換? 誰がどこでどう決めたんだろね?絵図は誰が書いたの?
 今の足銀本町店を渡されて、さて何に使うのだろう?すべてをFM 局にでもしてくれるのなら少しは面白くもなるがどうせつまらぬ事に使われるのだろうね。あ~も~やんなっちゃうわ。